学会参加記

学会見学に参加した4年生による参加記を掲載します。

8月8日に東北大学 青葉山東キャンパスにて日本混相流学会主催の混相流シンポジウム2018が開催されたので、M1の1名が学会発表、B4の2名が学会見学ということで参加した。
私にとっては初めての学会見学ということもあり、講演内容を理解できるものは多くななかったが、学会というものがどういうもので、どういう流れで進められるものなのか、どのような発表だと聴いている人の興味を引き付けることができるのかを学ぶことができ、今後私が学会発表で参加するときの参考になった。
2日目は台風の影響で学会が中止になってしまったので、1日だけの参加だったが、多くを学ぶことができ、有意義な学会見学だった。

 8月8日から3日間に渡って東北大学で混相流シンポジウムが行われた.M1の先輩1名の発表に付き添う形で学会の見学を行った.
今回は発表はしないものの,学会なるものに初めて参加したが,普段から理論解析での研究を行っている自分にとって,普段全く触れない数値解析系や実験系の研究の講演を聞けたことは大きな収穫であったと思う.
また,“混相流”という分野の守備範囲の広さゆえに,普段自分が扱っている気・液の二相流だけでなく,固・気の二相流や固・液・液や気・気・液の三相流の研究の講演を聞くことができ,自分の研究に直接的には関係することはないかもしれないが,改めて自分の研究のフィールドの広さを実感した.
今回の学会でとりわけ多く見られたのはウルトラファインバブル(UFB)に関する研究だった.UFBに関するもので聞くことができた講演はどれも産業応用を念頭に置いた実験的研究に関するもので,UFBに限らずデータの積み重ねによる経験則的な研究も数多く存在することを知った.
その一方で理論的な予測から数値的あるいは実験的な解析を行っている研究もあった.自身が行っている研究もこのように発展していくと思われるため,非常に面白く感じたし,また研究を進めていくうえでも大いに参考になった.
また技術的な話になるが,講演をしている方の話す速さや,間合い,質疑応答の受け答えの仕方など,今後自分が学会発表をしていくうえで参考にできそうなテクニックも取り入れることができた.
今回の学会見学を通して,多くの研究や,研究者どうしのやり取りを目の当たりにして,自身の研究に対するモチベーションがさらに上がった.今後来たる学会発表を見据えて,より精進したいと感じた.

混相流シンポジウム

混相流シンポジウ2018において、以下の発表を行いました。

〇慶本天謹, 金川哲也, “水中音速を超えて気泡液体中を伝わる高周波の圧力波の非線形伝播”

大学説明会

受験生のための筑波大学説明会で、模擬講義を行いました(金川)。

“工学系ならではの「流体力学」~医・薬・生・数・理の接点にある最先端物理~,” 受験生のための筑波大学説明会, 理工学群工学システム学類, 3A204教室 (2018.8.5).

ゼミ

今年度より、週一でのゼミは廃止し、学生全員に、週一での個別研究打合せを課しています。

全体ゼミとして、月一で、全員で食事をとっています。

必要に応じて、参加任意の輪講や勉強会を行っていますが、数か月で打ち切ることが多いです。

FD研修会

工学システム学類FD研修会で、「工学システム学類における熱力学の教育改善」について、講師を務めさせていただきました(金川、2018年7月20日)。

研究室日誌_飲み会

7月17日,B4の大学院推薦入試とM1の海外学会発表の打ち上げを某居酒屋で行った.自分は初めて行ったが,どうやら去年の院試の打ち上げもこのお店で行ったらしい.賑やかであるが,決して騒がしいわけではない,非常に居心地の良い雰囲気だった.
料理は一般の居酒屋でよく目にするメニューもあったが,特に目を惹くのは魚料理の豊富さである.個人的に印象に残っているのは鱧の天麩羅である.あれはまた食べたくなる味である.
話はM1が発表した海外学会や,B4の院試などの話に渡った.話を聞いて,海外で英語で発表し英語の質問に英語で答えてしまうM1のお二人が本当にすごいなと感じた.自分も来年度に,同じような経験ができるように研究を頑張ろうというモチベーションになった.
新メンバーもゲストとして参加してくれた(金川研外から志願してくれ,来年度から同期のM1になる予定).そう考えると,来年度は,金川研が設立されてから初めて三学年が揃う年度だ.昨年度は比較的静かだったようだが,和やかで良い雰囲気になりつつあり,何より皆さんが真面目で温厚なおかげで毎日が楽しく過ごせている.そんなわけで,工シスの現B3にも金川研を是非志願してくれればよいなといった話にも及んだ.
こういう話をしているうちに21:00になり,会がお開きとなった.これからは院試から切り替えて研究を頑張りたいと思う.

飲み会

大学院入試(B4)と国際学会(M1)の打ち上げを、「あじ彩」で、新メンバーも交えて行いました(金川)。

大学の物理教育

日本物理学会発行『大学の物理教育』誌に、以下の論文が掲載されました。

金川哲也, “筑波大学工学システム学類における熱力学の教育改善,” 大学の物理教育, 第24巻, 第2号 (2018.7.15), pp. 72-76.

はばたけ筑大生

圷 亮輔と慶本天謹が「はばたけ!筑大生(海外学会等参加支援プログラム)」に採択されました。

両名は、21st International Symposium on Nonlinear Acoustics, Santa Fe, New Mexico, USA (非線形音響学国際シンポジウム@米国ニューメキシコ州サンタフェ)において、気泡流中における非線形波動理論の口頭発表を行います(2018.7.8-13)。

熱力学

模擬講義

大学説明会(オープンキャンパス)で、以下の模擬講義を行います(金川)。


工学系ならではの「流体力学」~医・薬・生・数・理の接点にある最先端物理~, 受験生のための筑波大学説明会 (2018.8.5)

学会参加(2018年度)

7月以降、以下の学会に参加します(予定含)。

参加費や旅費は、国内外問わず、全額支給します(全額金川が立替)。見学(発表なし)の場合には、原則として観光は禁止し、学習を義務付けています。

学会発表は、研究の進捗に応じて、金川から、原則、半強制で発表を指示しています。一方、学生側からの参加意思がある場合には、進捗に応じて、参加可否を判断します(現時点ではこの例は少ないですが)。

学生が発表・見学する場合には、随時、参加記を掲載します。


■ ISNA21(21st International Symposium on Nonlinear Acoustics, 非線形音響学国際シンポジウム, Session: Bubbles)@Santa Fe@New Mexico@USA_2018.7

Yoshimoto T. and Kanagawa T., Quasi-Monochromatic Weakly Nonlinear Waves of High Frequency Exceeding Eigenfrequency of Bubble Oscillations in Compressible Liquid Containing Microbubbles

Akutsu R., Kanagawa T. and Uchiyama U., Multiple-Scales Analysis on High Speed and High Frequency Pressure Waves Induced by Liquid Compressibility in Bubbly Liquids


■ 混相流シンポジウム2018@仙台_2018.8 [4年生の2名を学会見学として派遣]

慶本天謹, 金川哲也⽔中⾳速を超えて気泡液体中を伝わる⾼周波の圧⼒波の⾮線形伝播


■ 日本物理学会2018年秋季大会(領域13)@京都_2018.9

金川哲也, 筑波大学工学システム学類での熱力学の教育改善(アンケート調査による習熟度の上昇)


■ Internoise2018 (47th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering)@Chicago, USA_2018.8

Taira H. and Kanagawa T., Numerical Study on Bubble Dynamics in a Human Joint: Effect of Liquid Viscosity and Surface Tension

Kanagawa T. and Yoshimoto T., High Speed and Weakly Nonlinear Propagation of Quasi-Monochromatic Acoustic Waves in Bubbly Liquids


■ RIMS非線形波動研究集会@京大数理研_2018.10.17-19

複数件申込・発表予定


■ 日本機械学会第96期流体工学部門講演会@室蘭_2018.11.29-30

慶本天謹, 金川哲也, 圧縮性気泡流中における超高速・準単色波動に関する非線形解析
圷 亮輔金川哲也, 内山祐介, 気泡を含む圧縮性液体中における高周波数の高速圧力波の多重尺度理論

POMA

慶本天謹の論文がPOMA誌に採択されました:

Yoshimoto, T. and Kanagawa, T., “Quasi-Monochromatic Weakly Nonlinear Waves of High Frequency Exceeding Eigenfrequency of Bubble Oscillations in Compressible Liquid Containing Microbubbles,” Proceedings of Meetings on Acoustics (2018), Total 4 pages. 印刷中

工シス熱力学教育

日本物理学会発行『大学の物理教育』誌に、工学システム学類での熱力学教育改善を論じた、査読付き論文が採択されました:

金川哲也, “筑波大学工学システム学類における熱力学の教育改善,” 大学の物理教育, 24(2) (2018.7.15), 採択済・印刷中.

研究助成金

公益財団法人日本科学協会「2018年度海外発表促進助成」に、研究助成金が採択されました(金川)。

助成金贈呈式

カワイサウンド技術・音楽振興財団の研究助成金受賞式@東京ガーデンパレスに出席いたしました。当該財団サウンド技術振興部門より、50万円の研究助成を拝受いたしました(金川)。

研究室日誌_食事会

6月1日に研究室の食事会(懇親会と言うべきか)があった.金川先生の主催であり,今回の会場は学生居室.他の研究室が居室でピザパ(ピザパーティー)をしているところから今回の着想を得たらしい.他研でこういった催しがちらほらあることは知っていたが,弊研でも開催されるとは意外であった.
17:30から会はスタートした.食事は弊学学生から一定の人気を勝ち取っている某弁当店のオードブルである.自分は一度も利用したことがなかったが,食べてみてわかる家庭的な味(特にから揚げ).なるほど,親元を離れて単身つくばで暮らす学生の人気を,がっちり掴んでいる理由がよくわかる.
居室での食事会も,最初こそ違和感が大きかったが,慣れてくるとお店で行う食事会とは違い,(良い意味で)周囲を気にしなくて良いので話が弾み団欒とした食事会になった.実のところ,店での食事会とは違い,居室での食事会は話が途切れた瞬間,静寂に包まれてしまうのではないか?と恐れていたが,これは杞憂に終わったようだ.気づけば3時間も経っており,会は解散となった.
弊研は比較的新設なので,定期化したイベントはまだあまり無いが,今回の催しは定期イベントに追加したいところであると思った.

応数

応用数学中間試験 を実施しました

やどかり祭

やどかり祭に参加し、「マシュマロ焼きましゅ。(工シス1年5クラス)」で焼きマシュマロを購入しました。

5月25日ゼミ日誌

 本日は2018年度2回目となる研究室一同の食事会があった.今日は・・・・の麺類専門店.今日の時点ではうどん・そばのみの提供だった.各々がうどん・そばを注文した.ちなみに私は肉南蛮うどんを注文.言うまでもないが,肉+葱+うどんの組合せはやはりおいしい.次来る機会があれば肉南蛮そばを頼んでみたい.さらに比較的空いていて,にぎやかではあったが,決してガヤガヤしていない.団体でゆっくり食事を取りたい時にはうってつけの場所だった.次回の食事会はどこになるのか,楽しみである.
食事会の後は4年生の輪講があった.今日はKdV-Burgers方程式に関する内容だった.まずKdV-Burgers方程式を導出する際のパラメータスケーリングを確認した後,近傍場における解析結果に触れた.ここでは気泡半径の1次の摂動が線形波動方程式に従い,分散効果や散逸効果が現れないことを確認した.さらにこの解の右向き進行波解に着目し,従属変数群が気泡半径の1次の変動の定数倍となるため,全ての未知変数が線形波動方程式に従い, その定数係数の気泡流中の音速の表式に着目した.(文責:4年生)