研究室日誌(受賞について)

修了・卒業者の2名にコメントを書いてもらいました(2024年3月31日)。


この度は日本機械学会 三浦賞をいただき光栄です。機械工学系(大学院)を対象とする三浦賞の受賞は、専攻を理学から工学へ変えた私の一つの目標であり、大変光栄に存じます。在学中には学会発表・論文投稿を経験することができました。これらの成果を評価していただいた結果だと感じ、ありがたく思います。2年間、金川先生や研究室のメンバーには大変お世話になりました。深く感謝いたします。

また、全学大学院学位記授与式において、システム情報工学研究群の修士の代表として総代(副)を、システム情報工学研究群学位記授与式において、構造エネルギー工学学位プログラム修士の代表を、務めさせていただきました。

春からは、研究をより深めるべく博士課程に進学します。今後もこの受賞を励みに、さらなる進展に努めて参ります(M2 川畠稜輝)。


この度は理工学群長表彰をいただき光栄に思います。

4年間の学業や金川研究室での1年間の私の活動がこうして評価され、目に見える形で残ることを大変うれしく思います。研究室では2回の学会発表を経験させていただきました。これは、日ごろからご指導いただいた金川先生はじめ、普段から親しくしてくださった研究室の皆様のおかげです、心から感謝を申し上げます。

また、卒業式では、工学システム学類の代表として総代(副)を務めさせていただき、学位授与式では日本機械学会畠山賞とつくばスカラシップを受賞させていただきました。春からは修士課程に進学し、引き続き金川研究室で研究を続けていきます。これらの受賞に恥じぬようこれからも精進してまいります(B4 渡部健人)。