ホーム » 業績

業績」カテゴリーアーカイブ

ここからスタート

CAV2018

キャビテーション(cavitation (cavity, 水中の空洞化・気泡の生成)) 国際シンポジウム(米国メリーランド州ボルチモア)において、金川研究室から、以下の講演を行う予定です。


“An Effect of Liquid Compressibility on Acoustic Wave Propagation in Bubbly Liquids,” 10th International Symposium on Cavitation (CAV2018), Baltimore, ML, USA (2018.5), abstract submitted

TFEC9

金川が、TFEC9 (9th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference:日韓熱流体合同会議@沖縄コンベンションセンター@沖縄県宜野湾市) に参加し、以下、2件の口頭発表を行いました。また、流体工学部門一般セッション(4)の座長を仰せつかりました。


Matsura, T., Takahashi, Y., 〇Kanagawa, T. and Yamamoto, K., “The Effect of Second Viscosity on Calculation of Compressible Flow by Density-Based Method”

〇 Kanagawa, T., “Theoretical Study on a Fast Propagation of Pressure Waves in Bubbly Liquids”

10/12

非線形波動の研究集会@京大数理研において、金川研究室から、以下の講演を行いました。

〇慶本天謹, 金川哲也, “気泡を含む圧縮性液体中を高速で伝播する非線形波動 (1) 強分散性の長波,” 京都大学数理解析研究所RIMS共同研究(公開型)「非線形波動現象の数理とその応用」, 京都大学吉田キャンパス(京都府京都市) (2017.10).

〇圷 亮輔, 金川哲也, “気泡を含む圧縮性液体中を高速で伝播する非線形波動 (2) 弱分散性の短波,” 京都大学数理解析研究所RIMS共同研究(公開型)「非線形波動現象の数理とその応用」, 京都大学吉田キャンパス(京都府京都市) (2017.10).

ICNAAM2017

金川が以下の2件を国際会議で口頭発表しました:

  • Kanagawa T., “Nonlinear Schr\”odinger Equation for a Fast Pressure Propagation in Bubbly Liquids,” 15th International Conference of Numerical Analysis and Applied Mathematics, Tessaloniki, Greece (2017.9)
  • Taira, H. and Kanagawa T., “Cavitation Bubble Dynamics Based on Keller Equation in Human Joint,” 15th International Conference of Numerical Analysis and Applied Mathematics, Tessaloniki, Greece (2017.9)

京大数理研・非線形波動研究集会

非線形波動の研究集会@京大数理研において、金川研究室から、以下の講演を行う予定です。

〇慶本天謹, 金川哲也, “気泡を含む圧縮性液体中を高速で伝播する非線形波動 (1) 強分散性の長波,” 京都大学数理解析研究所RIMS共同研究(公開型)「非線形波動現象の数理とその応用」, 京都大学吉田キャンパス(京都府京都市) (2017.10). 発表予定

〇圷 亮輔, 金川哲也, “気泡を含む圧縮性液体中を高速で伝播する非線形波動 (2) 弱分散性の短波,” 京都大学数理解析研究所RIMS共同研究(公開型)「非線形波動現象の数理とその応用」, 京都大学吉田キャンパス(京都府京都市) (2017.10). 発表予定

Internoise 2017

46th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (Internoise2017@香港) にて, 金川が, ポスター発表を行いました.


Kanagawa, T., “Weakly Nonlinear Formulation on Acoustic Waves in Liquids Containing Many
Spherical Gas Bubbles,” Proceedings of the 46th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (2017.8), Total 7 pages, 110.

AIP Conf. Proc.

AIP Conference Proceedings(米国物理学会国際会議論文集)に、以下の2編が採択されました。

  • Kanagawa T., “Nonlinear Schr\”odinger Equation for a Fast Pressure Propagation in Bubbly Liquids,” AIP Conference Proceedings (2017), accepted and to appear
  • Taira, H. and Kanagawa T., “Cavitation Bubble Dynamics Based on Keller Equation in Human Joint,” AIP Conference Proceedings (2017), accepted and to appear

日本機械学会畠山賞

金川研究室の4年生が、日本機械学会畠山賞を受賞しました。

# 個人情報保護の観点から、氏名は記載しません。

2017年初旬から2017年度にかけての業績

学術雑誌論文:

  1. Kanagawa, T. and Taira, H.,“Educational Efficacy of Derivation Method for Partial Differential Equations in Thermodynamics,”

査読付き国際会議論文:

  1. Kanagawa, T., “Theoretical Study on a Fast Propagation of Pressure Waves in Bubbly Liquids,” Extended Abstract of the 9th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference (TFEC9), Okinawa Convention Center (Okinawa, Japan) (2017.10), TFEC9-1011. to appear.
  2. Matsuura, T., Takahashi, Y., Yamamoto, K. and Kanagawa, T., “The Effect of Second Viscosity on Calculation of Compressible Flow by Density-Based Method,” Extended Abstract of the Ninth JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Okinawa Convention Center (Okinawa, Japan) (2017.10), TFEC9-1416. to appear.
  3. Fujii, K., Kanagawa, T., Uesawa, S., Kaneko, A. and Abe, Y., “Measurement of Sound Speed of Bubbly Flows with a High Void Fraction in a Venturi Tube,” Extended Abstract of the Ninth JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Okinawa Convention Center (Okinawa, Japan) (2017.10), TFEC9-1264. to appear.
  4. Kanagawa, T., “Weakly Nonlinear Formulation on Acoustic Waves in Liquids Containing Many Spherical Gas Bubbles,” Proceedings of the 46th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (INTER-NOISE 2017), Hong Kong Convention and Exhibition Centre (Hong Kong, China) (2017.8), 110.
  5. Taira, H. and Kanagawa, T., “Generation of a Cracking Sound in Human Joint: Bubble Dynamics Simulations,” Proceedings of the 46th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (INTER-NOISE 2017), Hong Kong Convention and Exhibition Centre (Hong Kong, China) (2017.8), 120.
  6. Kanagawa, T., “An effective equation for fast propagation of pressure waves in compressible liquids containing microbubbles,” Extended Abstract of 2017 Japan-US Seminar on Two Phase Flow Dynamics, Hokkaido University (Sapporo, Japan) (2017.6)、pp.~25–28.
  7. Fujii, K., Kanagawa, T., Kaneko, A., Abe, Y. and Uesawa, S., “Propagation Characteristics of Acoustic Waves in Non-Dilute Bubbly Flows in a Venturi Tube,” Proceedings of the 3rd International Symposium on Multiscale Multiphase Process Engineering, Toyama International Conference Center (Toyama, Japan) (2017.5.10), P-39.

国内学会講演:

  1. 非線形波動に関する研究集会, 京都大学(京都府京都市) (2017.10)、2件を発表予定
  2. 日本物理学会秋季大会(2017.9)、発表予定
  3. 藤本修平, 亀山道弘, 宮田 修, 金川哲也, 島田道男, “超音波エコー解析による鋼板へのフジツボ付着の検出,” 埼玉大学(埼玉県さいたま市), 日本機械学会2017年度年次大会 (2017.9), 発表予定
  4. 混相流シンポジウム2017, 電気通信大学(東京都調布市) (2017.8)、発表予定
  5. 金川哲也, 谷内 潤, 金子暁子, 阿部 豊, “微細気泡を含む圧縮性液体中における高速伝播圧力波を記述する方程式,” 日本物理学会第72回年次大会, 大阪大学(大阪府豊中市) (2017.3.19).
  6. 藤本修平, 亀山道弘, 宮田 修, 金川哲也, 島田道男, “超音波による船体付着生物検出システムの基礎検討,” 日本機械学会関東支部第23期総会・講演会, 東京理科大学(東京都葛飾区) (2017.3.17).
  7. 中村悠大, 湯淺朋久, 齋藤慎平, 堀口直樹, 金川哲也, 金子暁子, 阿部 豊, “回転体に駆動 される高粘性流中の気泡挙回転体に駆動される高粘性流中の気泡挙動,” 日本機械学会関東支部第23期総会・講演会, 東京理科大学(東京都葛飾区)(2017.3.17).
  8. 藤井啓太, 金川哲也, 井上裕三, 堀口直樹, 金子暁子, 阿部 豊, 上澤伸一郎, 池 昌俊, “ベンチュリ管内の気泡流を利用した洗浄における可視化計測,” 日本機械学会関東学生会第56回学生員卒業研究発表講演会, 東京理科大学(東京都葛飾区) (2017.3.16).

新規採択の研究助成(全て研究代表者。研究分担者なし。継続課題は除外):

  1. 公益財団小野音響学研究助成基金, 平成29年度研究助成 (2017.4-2018.3(予定)).
  2. 公益財団法人日本科学協会, 平成29年度笹川科学研究助成, 学術研究部門 (2017.4-2018.2).

論文校閲委員:

  1. Physics of Fluids, AIP (Americal Institute of Physics)

日本物理学会年次大会

日本物理学会第72回年次大会@大阪大学豊中キャンパスで、金川が口頭発表を行いました。物理学会での講演は、5年ぶり、2回目でした。

「微細気泡を含む圧縮性液体中における高速伝播圧力波を記述する方程式」

論文(熱力学+教育)

熱力学に現れる偏微分方程式の導出方法を考察し、その教育効果を論じた論文が、国際誌に採択されました:

Kanagawa, T. and Taira, H.,“Educational Efficacy of Derivation Method for Partial Differential Equations in Thermodynamics” in press.

研究助成(2)

平成29年度笹川科学研究助成(公益財団法人日本科学協会)に採択されました。

サイエンス・インカレ

金川が、2016年7月13日から2017年1月16日までアドバイザ教員を務めた、筑波大学平成28年度先導的研究者体験プログラム受講生(同理工学群工学システム学類生)が、

第6回サイエンス・インカレ研究発表会(学生による自主研究の祭典)(主催:文部科学省、共催:筑波大学)@筑波大学筑波キャンパス春日エリアにおいて、研究成果を、ポスター発表しました。

# 個人情報保護のため、学生の氏名は掲載しません。

Twitter (知人のみフォロー許可)