ホーム » 2019 » 12月

月別アーカイブ: 12月 2019

研究室日誌

12月12日に金川研の忘年会が駅前の塚〇農場で行われた.M1の就活やB4・M2の卒論の忙しさを考慮し早めに日程が決定され,8名(M1の2名が都合がつかず不参加)での開催となった.筆者は3回目の金川研忘年会だが,メンバーも増え忘年会にも盛り上がりが出てきたことは大変喜ばしい.いつもは金川先生が店員さんを質問攻めにしながら料理をオーダーしていたが,今回はコースで予約していたようで,料理はどれもおいしくお酒も進んだ.前週にサンディエゴで開催された国際学会の話題になると,早期卒業生で国際学会に初チャレンジしたB3のマイペースな珍行動エピソードが全員の爆笑を誘った.学会の出張は毎回一部の学生+金川先生で行っているが,その時のエピソードを飲み会の場で面白おかしく他のメンバーに話すのは恒例行事と化してきていて,学会参加が多いため2時間の飲み会でネタが尽きることはない.なお,今回は金川先生提案で初めて2次会が開催され(Bivi内の居酒屋),M2(筆者も)とM1が2名ずつ,計5名が参加した.筆者は(眠かったため)2次会への参加を始めは渋っていたが,1次会で席が離れていてあまり話せなかったM1の2名と2次会で結構話せたので,今後の開催も有りかもしれないと考えを改めた(筆者は3月で卒業するが).金川先生はバスの時間があるとのことで,最後にプリンを飲むような勢いで召し上がってお店を後にされた(なんと2次会代は全額出していただきました,ありがとうございます).学生4名もその後30分ほどでお開きとなり,23時頃帰宅の途についた(大変健全な研究室である).文責:ヨシタカ

国際学会参加記

178th Meeting of the Acoustical Society of America (米国音響学会秋季研究発表会)@米国カリフォルニア州サンディエゴ、2019年12月2日から6日に参加し、学生5名と金川が Physical Acoustics セッションにて口頭発表を行いました。
(金川)


12/6に行われた米国音響学会秋季大会にて発表を行うため、12/2から12/7までアメリカのサンディエゴへ行きました。
私はこれまで国外に行ったことがこれまで無かったので、飲食店で料理を注文したりバスに乗れるかなどを心配していましたが、杞憂でした。アメリカの人々はとても親切で、自分の拙い英語を理解しようと努めてくれたり、バスの乗り方を教えてくれたりしたので、安心して観光することができました。観光した場所は、海軍航空博物館、自然史博物館、人類博物館、シーポートヴィレッジ(海岸の綺麗なショッピングモール)、オールドタウン州立歴史公園(開拓時代の町並みが再現されている公園)などです。食事は、アメリカらしいものを食べたいと思っていたので、ハンバーガー、ステーキ、ブリトーなどを頂きました。アメリカの食べ物は不味い?と思っていたのですが、全くそんなことはなく、濃いめの味付けでとても美味しかったです。
自身にとっては2度目の国際学会ですが、一度目の国際学会は仙台でしたので、国外で行われるものに参加したのは初めてでした。発表会場は、大変歴史ある、ゴージャスな雰囲気が漂うリゾートホテルでした。(なんと築130年!)発表自体は2度目でしたので落ち着いて発表することができましたが、ネイティヴの英語はTOEICよりも圧倒的に早口で、質疑応答では一度で聞き取ることができずに何度も聞き返してしまいました。来年度の国際学会に向けて、リスニング力の強化が課題となりました。
発表後は、全員で近くのシーフードレストランへ行き、昼食をとりました。サンディエゴは港町ということで海鮮がとても美味しく、ムール貝やタコ、カジキなどをたくさん頂きました。ただ、先生一押しの生ガキだけはどうしても口に合いませんでした。せっかくオーダーしていただいたのに、申し訳ないです。お会計の大部分を先生に出して頂きました。ごちそうさまでした。 (学生)

学生からの金川研紹介(9)

●この研究室に合う学生
合う学生の例は、他の記事で複数挙がっているので、逆に「合わないのではないかな?」という人の例を列挙していきます。
先生の授業の様子から分かると思いますが、数式の厳密性・適切性をじっくり検討するのが面倒だという人にはたぶん向きません。そういった人にとって、日々の打合せで先生から頂く指摘は苦痛でしかないと思います。金川先生に限らず、指導教員との相性の不一致があると、研究が辛くなるだけなので、慎重に検討した方がよいと思います(これが原因で病んだ人を学外で数人知っています)。
個人プレーがメインとなる理論研究の性格上、「研究において」団結を求める人にもあまり向かないと思います。研究の大部分が個人ワークです。
また、数学的手法で理論解析を進めるので数学嫌いの人にも向きません。

●学生間の仲や距離感
今年は人数が増え、去年よりさらに活気が増したと思います。飲み会も賑やかになってきました。詳しい状況は他の記事を参照してください。

●本研究室の学内や学会での立ち位置
学会に複数件出席した限りでは、近年の流体研究は、混相流(気体と液体の相が混ざっている流体)分野においては、実験や数値シミュレーションが主流であるように感じます。その点ではこの研究室の研究課題は異端なのではないかなと思います。たぶん学会に出席したときに理論解析をしている研究はこの研究室以外にないのではないかなと思います。誰もやっていないことでなければ研究にならないはずですので、裏を返せば、流行に乗らずにオリジナルなことをやっているのだと思います。

●各種学会参加、論文投稿、受賞など
学会参加・論文投稿は極めて積極的な研究室です。他の記事に書いてある気がしますが、国内学会についてはB4のうちから派遣、国際会議についても修士は年一回以上の派遣があります。参考までにM1の間に先生から発表を打診された学会は、国内3件、国際1件です。これに加えて自ら希望して派遣してもらうこともできます。
また、論文投稿については、修士の間に査読付き雑誌1件のペースでほぼ全員書いています。また、国際会議に参加する際のプロシーディングス(ミニ論文のようなもの)も書きます。
こういった経験ができるので、発表能力や文章作成能力は格段に身につくのではないでしょうか。少なくとも自分の周りの同期は身についているように感じます。
受賞に関しては、時と場合によることがあるので何とも言えません。受賞している人もいる模様ですが、基本的に偶然性の強いものなので、この研究室に入れば何かしらの賞がとれると期待してしまうと、とれなかった時のダメージが大きいので期待はしない方がよいです。一生懸命練習して等身大の自分で臨みましょう。 (M1)

学生視点の金川研紹介(8)

M1に紹介文を書いてもらいました(金川)


研究指導

基本的な研究打ち合わせの流れを示します.

やり方としては,

・普段(だいたい週1)

  1. 事前に,どのモデルを使うかを検討して手計算を行い,結果をTexに打ち込んでおく(私は気泡に働くいろいろな力を導入して,それがどのように波の伝播に影響するかを研究しています).
  2. 先生と妥当性などについて議論する.
  3. 他のモデルも計算する,文献調査する,学会申し込みなど次回までの予定を考えて解散

話し合いや予定決めのときに先生が一方的に指示を出したりすることなく,疑問点を遠慮なく聞けたり,逆にこちらから先生に説明をたくさんしていきます.

・学会前(適当に予定決めをして,3日に1回ぐらい)

  1. 計算はストップして短期集中で論文やポスターを書き,大型モニターに映して先生と見ていくorプレゼン練習
  2. おかしい表現などがあったらその場で訂正する
  3. 何周かして解散
  4. 家でもメールなどで訂正を続ける

という流れです.メールでは,訂正箇所とその理由が,金川先生の講義資料のように超長文で送られてきます.

今年の4~6月には,週に1回のペースで,配属初年度生+先生で輪読を行いました.研究背景が書いてある論文を読み,先生がホワイトボードで説明していくという流れでした.

長期休暇

今年の夏は,インターン+学会+留学のため,全く研究室には行けませんでしたが,先生も忙しいことをわかってくださり,秋から研究再開という方針で進めてくれました.おかげさまで非常に充実した夏休みを送ることができました.

ゼミなどがないので非常に予定が立てやすいです.もちろん普段から遊んでばかりだと注意はされるかもしれませんが,幸い,そのような人は見ていません.

学会について

・多くの学会に行くので,第一種奨学金の半額免除はほぼ確定

・全額研究室から旅費が出る.複数参加しても全額

→ これは日本全国を見ても珍しいのではないでしょうか.旅費は事前に先生が立て替えてくれて,自分の口座に旅費支援のお金が入ったらその分を渡すので,一時的でも口座のお金が減ることはありません.非常にありがたいです.そして,飛行機やホテルなどは先生が纏めて予約してくれます.

海外の学会は基本的に1年で1回ですが,それ以上参加したい場合は,筑波大の旅費支援に受かったら行ってもいいという決まりでした.TOEICなどの点数が重要になるようなので,こつこつやっておくと良いです.今年は全員通ったので,そこまで難しくはないと思います.

・学会で議論をすることで研究が進む

・就活でアピールできる
→  研究実績をインターンの面接でかなりアピールでき,ウケも良かったです.たくさん発表練習や文書作成を積むので,配属前よりも人前でプレゼンすることが得意になりました.

・旅行気分
→  なぜか応用数学や音響系はヨーロッパかアメリカのかなり有名な観光地で開催されることが多く,非常に楽しみです.(プラハ,サンディエゴ,ブレーメン,ギリシャのロドス島,ハワイなどなど)

・忙しい
→  当然ながら,学会が無い場合よりも忙しくなります.発表が迫っている学会のプレゼンを作りながら,違う学会の申し込みの要旨を書く,といったことがありました.

あくまで個人の意見ですが,悪い点よりも良い点のほうが圧倒的に大きく感じます.

他研究室との比較

色々な友人と話して感じた,他研究室にはない金川研の特徴を書きます.

・自由

最大の特徴だと思います.どこでどのように研究しようとも,ちゃんと進めていれば何も言われません.他の研究室の多くは,平日は研究室に行かないといけない決まりがあるように感じます.私は講義がない日は家で,講義がある日や集中したい日は研究室で研究します.時間も,気分が乗っているときは昼ぐらいから日が変わるまでひたすら手計算と文書作成をする一方,やる気が出ない日は全く研究せずに友人と遊んだり,夕方に起き,酒を飲みながらゲームをして,朝に寝る日もあります.

このような生活でも,未だに先生に文句を言われたことはありませんし,論文レベルの結果を出すことができます(実際に研究開始から1年以内で査読付論文を投稿できました).私は,毎日着替えて規則正しく研究室に行くという生活が凄まじく面倒臭いと思う&他人がいると集中できない性格なので,この点だけでも金川研を選んでよかったと感じます.

・お金が豊富

どこからお金が出てくるのか疑問なぐらい出してくれます.ボールペン・ノートを含むオフィス用品は研究道具なので研究室からお金が出ます.今年のはじめにはTOEICの対策本も買っていただきました.旅費に関してはさっき述べたように,自費負担が大きいから学会に行けない・・・なんてことはないです.

・雑務がない

OB会の幹事やホームページの管理などを学生が担当する研究室がありますが,そういうものは一切ありません.何年後かしてOB会をやる流れになっても,まず学生が取り仕切ったりすることはないですし,当然ながら自由参加になるでしょう.

・行事がない

スポデーに参加したり,登山したり,旅行をする研究室もいくつかありますが,そのような行事は一切ないです.体育会系雰囲気を希望する人・研究室での生活や人間関係を主軸に置きたい人とはマッチしないと思います.ただ,先生は研究室旅行を企画してほしいらしく,学生間でも少しずつその話は出ています.(M1)

受賞

The 16th International Conference on Flow Dynamics (第16回流動ダイナミクスに関する国際会議@仙台、2019年11月6日から8日)にて、金川が、Best Presentation Award for Young Researcher を受賞いたしました。

同賞は、36歳未満の若手研究者の優秀講演を対象とするもので、審査対象者数110名のうち、12名の受賞者に選ばれました。[リンク]

論文採択

学生筆頭著者の査読付き論文2編が採択されました。


前田泰希; 金川哲也, “気液各相の初期非一様流速分布を有する気泡流中圧力波の弱非線形理論,” 混相流

圷 亮輔; 慶本天謹; 金川哲也; 内山祐介, “圧縮性気泡流中を水中音速超で高速伝播する2種類の高周波圧力波に対する弱非線形理論,” 混相流

Secured By miniOrange