ホーム » 研究教育日誌 » 卒論発表会・打ち上げ兼新歓

卒論発表会・打ち上げ兼新歓

新B4に卒論発表会の感想と打ち上げ兼新歓の感想を書いてもらいました。


現4年生の卒論発表を来年金川研究室に配属予定の現3年生である私と同期で聞きに行った。率直の感想としては卒論の内容がとても難しく、来年の同時期に私たちも同じような卒論発表をすることができるのかどうかとても不安を感じた。しかし、私たちも先輩二人のような立派な卒論発表が1年後にできるように頑張ろうというモチベーションを得ることもでき、今後が楽しみにもなった。(文責:M)


2/16に卒論発表会の打ち上げ会、兼新4年生の歓迎会を行った.お店は鹿児島の地鶏料理がメインで、炭火焼きやお鍋、その〆の雑炊などに一同舌鼓を打った.会は和気藹々とした雰囲気で進み、始めは緊張気味だった3年生らも先生や先輩方と卒研の話や1年次の思い出話などで盛り上がり、金川研の雰囲気に打ち解けることができたのではないかと思う.デザートのプリンを食べ終えると、4年生の発表会成功を祝うプレートが用意されるという粋なはからいがあり、全員で記念撮影を行ったのち、会はお開きとなった.(文責:(株)文責分析社)


卒業論文発表会の打ち上げ、兼、新4年生の歓迎会を行いました(2月16日@塚田農場@クレオスクエア)

金川研究室は、研究や勉学への曖昧な態度は許容しないかわりに、研究進捗や日常生活は学生の意思を尊重していますが、総勢5名となったことで、ある程度は賑やかになり、研究以外の面において盛り上がることに期待しています。初年度は、金川が飲み会の全てを企画しましたが、以後は金川からは何も提案しないつもりです(金川)