ホーム » 2018 » 2月

月別アーカイブ: 2月 2018

卒論発表会・打ち上げ兼新歓

新B4に卒論発表会の感想と打ち上げ兼新歓の感想を書いてもらいました。


現4年生の卒論発表を来年金川研究室に配属予定の現3年生である私と同期で聞きに行った。率直の感想としては卒論の内容がとても難しく、来年の同時期に私たちも同じような卒論発表をすることができるのかどうかとても不安を感じた。しかし、私たちも先輩二人のような立派な卒論発表が1年後にできるように頑張ろうというモチベーションを得ることもでき、今後が楽しみにもなった。(文責:M)


2/16に卒論発表会の打ち上げ会、兼新4年生の歓迎会を行った.お店は鹿児島の地鶏料理がメインで、炭火焼きやお鍋、その〆の雑炊などに一同舌鼓を打った.会は和気藹々とした雰囲気で進み、始めは緊張気味だった3年生らも先生や先輩方と卒研の話や1年次の思い出話などで盛り上がり、金川研の雰囲気に打ち解けることができたのではないかと思う.デザートのプリンを食べ終えると、4年生の発表会成功を祝うプレートが用意されるという粋なはからいがあり、全員で記念撮影を行ったのち、会はお開きとなった.(文責:(株)文責分析社)


卒業論文発表会の打ち上げ、兼、新4年生の歓迎会を行いました(2月16日@塚田農場@クレオスクエア)

金川研究室は、研究や勉学への曖昧な態度は許容しないかわりに、研究進捗や日常生活は学生の意思を尊重していますが、総勢5名となったことで、ある程度は賑やかになり、研究以外の面において盛り上がることに期待しています。初年度は、金川が飲み会の全てを企画しましたが、以後は金川からは何も提案しないつもりです(金川)

2018年度卒業論文発表

2018年2月16日(金)9:15‐10:15@3A415教室

工学システム学類卒業論文発表会「環境エネ4-1セッション」で金川研究室から2名が発表しました:

“気泡を含む液体の圧縮性が招く超高速超音波の多重尺度解析”

“気泡を含む圧縮性液体中における高速圧力波の準単色伝播を記述する非線形方程式の導出”


自由聴講可だが、途中入退室は禁じられているので、聴講を希望する工学システム学類生は、9:15までに入室し、10:15まで途中退室しないこと。 2018年1月27日 @ 12:53記

2018年度担当講義(予定)

  • フレッシュマン・セミナー(5クラス)、3A214、春AB、1単位、月5、必修
  • 熱力学I、金川哲也(全担当)、3A304、春AB、2単位、火1・2(4/17開講)、必修、教科書不要
  • 応用数学、金川哲也(前半:Fourier解析)・松田昭博(後半:偏微分方程式)、3A402、春ABC、3単位、水1・2(4/18開講)、教科書不要
  • 熱力学II、金子暁子、金川哲也、3A202、秋AB、1単位、金2(10/5開講)、必修、教科書不要
  • 環境開発工学応用実験・エネルギー工学応用実験(飛行船実験を分担担当)、亀田敏弘・横田 茂・金川哲也(世話人)、3A202(競技室)&3A203(講義・製作室)、秋ABC、3単位、金3,4,5,6(10/5開講)、必修

総合科目(筑波大学)

  • わかりやすい生活密着工学技術、羽田野祐子、3A202、春AB、1単位、月1、4月23日の1コマ担当
  • 近未来工学技術、鈴木健嗣・松島亘志、3A207、春AB、1単位、月1、5月14日の1コマ担当

大学院システム情報工学研究科構造エネルギー工学専攻

  • 混相流工学(専門科目-熱流体・エネルギー工学分野)、文字秀明・金子暁子・金川哲也(気泡力学と波動を分担担当)、秋AB、2単位、水3・4、3A304
  • 構造エネルギー工学・前期特別研究I, II, 前期特別演習I, II, 後期特別研究、後期特別演習

研究室名変更

「理論流体研究室」に改称しました。その時々の興味・テーマ・語感などに応じて、今後も研究室名を変更する予定ですが、「金川研究室」以上ではないので、深い意味はありません。

新B4研究室配属

1月31日終了の第一次希望調査の結果、金川研究室に、新B4が2名配属されました(定員2名)