ホーム » ニュース » 最近の出来事(2016年10‐11月)

ここからスタート

最近の出来事(2016年10‐11月)

  1. 工学システム学類「熱力学II」の講義(計11回)、構造エネルギー工学専攻「混相流工学」(2回分担:気泡力学を担当)を、金川が全て担当しています。今年度は、minute paper を導入し、新たな講義改善手法を試みつつあります。
  2. 京藤敏達教授と協同で、「第19回学生のための講演会(日本機械学会関東支部茨城ブロック主催)」を開催いたしました。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。開催報告はこちら
  3. 第10回原子炉熱流動と安全に関する日韓シンポジウム(the 10th Korea–Japan Symposium on Nuclear Thermal Hydraulics and Safety)の技術プログラム委員会の委員としての業務に携わっております。
  4. 工学システム学類FD委員会「助教研究発表会」にて講演を行いました: 金川哲也, “気泡流中の非線形音響に関する研究と熱力学の教育改善,” 筑波大学 (2016.11.9).
  5. 日米音響学合同シンポジウム(5th Joint meeting of the Acoustical Society of America and the Acoustical Society of Japan)にて、気泡流中の非線形音響に関する招待講演を行いました。「Nonlinear Effects in Underwater Acoustics and Bubbles」のセッションオーガナイザーと座長を仰せつかっております。   Kanagawa, T., “Two types of propagations of nonlinear sound beams in nonuniform bubbly Liquids,” Honolulu, Hawaii, USA (2016.11.29).
  6. 東京都立青山高等学校で、出前講義として、模擬授業を行いました(2016.12.21)。
  7. 金川研究室について、見学・問合せ・面談などを、随時受け付けております。

Twitter (知人のみフォロー許可)