ホーム » 講義資料 » 2017年度応用数学(前半)

ここからスタート

2017年度応用数学(前半)

2017年度・応用数学(環境・エネルギー、2年次、春ABC、3A402教室、水曜日1・2時限、3単位)


注意事項(再履修者向け):開講曜日、開講時限、教室、後半担当教員が変更された。


注意事項(工学システム学類2年次知的/機能工学主専攻学生向け):「応用数学(知的・機能、秋AB、2単位)」とは全く別の講義であるので、履修登録時には、注意のこと。


講義の前半(50%)を金川が、後半(50%)を松田昭博先生がそれぞれ担当する。

総和100%中60%以上の場合に、単位取得が可能である。


以下は、前半(金川担当分)に関する内容である。


manabaに、板書画像、演習のヒント、重要な点、採点の感想なども含め、原則、講義情報の全てを掲載する。本HPにも、差し障りのない範囲で、講義情報を掲載するが、それらは、manabaに既に掲載済みのものと思ってよい。したがって、manabaのみを見ておればよい。


成績評価の透明性と学力の堅持を維持すべく、試験の得点のみで評価する。レポート点や出席点は存在しない(昨年度実施したレポートは廃止した)。


教科書は使用せず、独自の講義資料を配布する。また、過去の試験問題も全て配布する。


1度の試験で成績を決めることがないよう、また、定常的な学習の助けとなるよう、初回を除いた毎回小テストを実施する。


予習は不要である。講義中に100%理解できなくとも、何の問題もないし、大学の講義は聴いてすぐさま理解できるようなものではない(講義中の演習を素早く解いて、何となくわかった気になっている者が、実は何も理解していないことは多い)。

本講義では、「いかに復習したか、それを答案の形で第三者(採点者)に的確かつわかりやすく伝えられるか」だけで評価する。


小テストは、試験に準ずるものであって、前日に勉強すれば何とかなるような、生易しいものではないので、計画的な学習を強くすすめる。初回を除いて、毎回実施する。8:40に問題を配布する。前回までの復習がいかにできているかを採点する。遅刻者は受験不可。持込や相談は一切認めない。日程は以下の通りである。なお、本講義は、8:40に開始し、11:25に終了する。延長しないかわりに、遅刻も認めない。

  1. 4月19日
  2. 4月26日
  3. 5月1日(月)← 水曜講義日!
  4. 5月10日
  5. 5月17日
  6. 5月24日
  7. 5月31日
  8. 6月7日:中間試験
  9. 6月13日: 後半の開始
  10. ・・・・

Twitter (知人のみフォロー許可)